東京女子医科大学 東医療センター

HOME

診療部門紹介

病理診断科

drmasunaga.jpg

部長 増永敦子教授

基礎医学としての病理学と臨床医学としての病理診断学の両面から診療・教育・研究に携わる部門で、患者様と接する機会はまずありませんが、セカンドオピニオンや、病理診断についてのご質問にはお答えします。

診療内容

特徴および特色

全科の検体を診断する中央病理検査部門です。中規模病院としては検体数が多く、特に手術検体の割合が多い事が特徴です。これは、当センターが地域基幹病院という特徴を反映しています。
また、昨今は、患者様から採取された病理検体をもちいて遺伝子を調べ、それぞれの患者様に適した治療が選択されています。当科も、臨床各科と連携し、遺伝子検査に適した検体を採取し、大学附属病院として高度医療にも対応できるようにしています。

主な検査項目

  • 生検・手術標本の病理組織検査
  • 細胞診検査
  • 術中迅速診断(術中に良悪の判定,病変の広がりを診断し,術式の決定の指針とする)
  • 免疫組織化学検査
  • 蛍光抗体法
  • 電子顕微鏡検査
  • 病理解剖

その他

臨床各科とのカンファレンス(地域医療機関へ開かれたものも含む)に症例の病理所見を提示し,また初期臨床研修医を対象とした剖検カンファレンスなどを行っています.