スマートフォン版はこちら>>

診療部門紹介

検査科・光学診療部(内視鏡内科・臨床検査科)

写真

部長 加藤博之教授

当院検査科は、内視鏡内科と臨床検査科の部門を統括しております。内視鏡内科では内視鏡診断と治療を専門医が行っており、臨床検査科では正確で迅速な検査と精度管理を徹底し、患者様本位の診療を支えております。

診療内容

診療科の構成

内視鏡内科
光学診療部
検査科
画像生理(超音波検査)、波形生理(心電図・脳波・筋電図・呼吸機能)
検体検査(血液・免疫・生化学・微生物・尿一般)
 

特徴および特色

内視鏡内科(光学診療部)では、苦痛の少ない内視鏡検査、早期大腸癌および早期胃癌、早期食道癌の治療では内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を積極的に行っており、低侵襲で安全確実な治療を心掛けています。臨床検査科では、超音波学会認定資格者による高度な超音波検査、正確で迅速、患者様にやさしい検体検査を目指して精度管理に取り組んでいます。

主な検査項目

内視鏡内科(光学診療部):上部消化管内視鏡検査、経鼻内視鏡検査、下部消化管内視鏡検査、
             内視鏡的胆管膵管造影検査、カプセル内視鏡検査(小腸および大腸)。 
画像生理:(腹部・乳腺・甲状腺・心臓・頸動脈・下肢動静脈等)各種超音波検査。
波形生理:心電図(ホルター、マスター負荷)、脳波、筋電図、脈波(動脈硬化検査)、
     起立試験、呼吸機能、トレッドミル、ホルター血圧。
検体検査:(生化学・血液・免疫・尿一般・耐性検査・微生物)各種緊急検査。

主な手術・処置

内視鏡的ポリープ切除術、内視鏡的粘膜切除術(EMR)、早期胃癌、食道癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、内視鏡的胃瘻増設術(PEG)、内視鏡的早期大腸癌粘膜下層剥離術(ESD)、内視鏡的食道静脈硬化療法(EIS)、内視鏡的胆管結石切石術、消化管出血の内視鏡的止血術、他
 

特殊外来

  • 光学診療外来(内視鏡検査・治療のための診察)
  • 臨床検査科外来
  • 教授外来(大腸疾患、消化器疾患、臨床検査)

専門

大腸癌の内視鏡診断と治療。カプセル内視鏡

その他

日本消化器内視鏡学会認定施設、日本臨床検査医学会認定施設、
日本超音波医学会認定施設、日本消化器病学会認定施設