スマートフォン版はこちら>>

診療部門紹介

「月経前不快気分障害(PMDD)」専門外来(毎週木曜日午前)

 月経前に何らかの身体的、精神的変化を感じる女性は少なくありません。この月経前の症状は月経前症候群(premenstrual syndrome: PMS)として古くか ら知られています。

 しかし中には月経前の数日から10 日間くらいに極端な抑うつ極端な不 安極端なイライラ著しい情緒不安定極端な活動に対する興味の減退や集中 力の減退を示す方がいます。

 そういう重症型の PMS を月経前不快気分障害(premenstrual dysphoric disorder: PMDD)と呼びます。

 2013年に発表された米国精神医学会の作成した DSM-5 という診断基準にお いてPMDD は正式な病名としてうつ病と同列に並ぶようになりました。

 またPMDD の方は予想以上に多く月経がある女性の約 5%程度に認めるといわれています。

 PMDD はまだあまり知られていないせいもあり月経前のみに起こる抑うつ 不安イライラ情緒不安定の理由がわからないままお一人で苦しんでいる方 が多く認められます。イライラするせいで人と会うと言いたくもないひどいことを言ってしまい後で後悔したりします。それを避けるために月経前に人と会うのを避ける方もいます。

 当院の PMDD 専門外来ではSSRI(選択的セロトニン再取り込阻害薬)という比較的安全な抗うつ薬の使用が第一選択となっています。SSRI も月経前の2週間だけ服用する方法と連日服用する方法があり症状の程度や起こり方によ り使い分けます。当院のデータでは SSRI の奏効率は 80%程度認めました(中 には低用量ピルの併用している方もいます)。

 PMDD の症状でお困りの方は一度当院の PMDD 専門外来を受診されてみてはいかがでしょうか。

 なお今後同じ枠で「更年期(女性と男性)のうつ」専門外来も開設予定です。

 

pmdd.png