東京女子医科大学 東医療センター

HOME

診療部門紹介

外科

siozawa.jpg

部長 塩澤俊一教授 

当科では消化器疾患全般の診療を行っています。病態の進行度を患者さまの全身状態や社会背景に照らし合わせ治療方針を決定し、治療は外科的切除のみならず内視鏡的治療や化学療法も担当医自らが行っています。特に手術は全症例の約半数を低侵襲な鏡視下手術で行っており、安全に短期間で退院できることをめざしています。また、定例手術以外の緊急治療にもできるだけ対応し、地域医療へ貢献すべく努力しています。

診療内容

診療科の構成

消化器一般外科・小児外科

特徴および特色

当科は「食道・胃」、「大腸・肛門」、「膵臓・胆道・肝臓」という3つの臨床チームに別れて診療しています。
それぞれのチームがその専門分野において質の高い医療を提供しています。 小児外科 や救急患者様に対応するシステムもできております。

主な検査項目

  • 内視鏡検査(食道・胃・大腸)、超音波検査(腹部)
  • 内視鏡的膵管胆管造影、消化管造影、血管造影

主な手術・処置

  • 消化器外科、一般外科における一般定型手術
  • 小児外科手術
  • 腹腔鏡手術:早期胃癌、大腸癌、胆石症
  • 胸腔鏡手術:食道癌
  • 内視鏡治療:内視鏡下腫瘍切除(EMR・ESD)、内視鏡下ポリープ切除(polypeotomy),食道静脈瘤硬化療法(EIS)、内視鏡下総胆管結石切石
  • 低侵襲肝癌治療:カテーテルによる動脈寒栓術(TAE)、ラジオ波焼灼療法、エタノール注入療法(PEIT)
  • がん化学療法(抗がん剤治療):食道癌、胃癌、大腸癌、膵癌、胆道癌、肝臓癌