スマートフォン版はこちら>>

お知らせ

新型コロナウィルス感染症発生のお知らせ(第2報)

令和2年4月20日
東京女子医科大学東医療センター
病院長 内潟 安子

 

新型コロナウィルス感染症発生のお知らせ(第2報)

 

4月17日にお知らせした看護師1名・産婦人科医師3名の新型コロナウィルス感染発生に関してお知らせ申し上げます。

当院の看護師は毎日体温測定して出勤していますが、当該看護師は当日出勤時ならびに午前中は熱なく、午後から微熱に気づきただちに早退・自宅待機となりました。スタッフ及び産婦人科病棟の入院患者様にPCR検査を実施した結果、医師3名(無症状)(4月17日報告済み)に加えスタッフ1名(無症状)が陽性と確認でき、残り全員が陰性であることが4月19日に確認できました。上記4名はすでに自宅待機中です。他部署への感染拡大はありません。

産婦人科は、外来診療と入院受入は今週中止し、消毒を徹底し医師およびスタッフの健康観察と再検査をして、引き続き都および所轄保健所の指導を仰ぎながら再開に備えます。

なお、4月14日にお知らせしましたように新型コロナウィルスの感染対策の一環として、すでに当院は当面の外来と手術の縮小に努めておりますことも申し添えます。

皆様にはご心配・ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

以上