東京女子医科大学 東医療センター 卒後臨床研修センター

HOME

研修について

卒業生からのメッセージ

平成27年度研修医(平成29年産婦人科入局)

この東医療センターは地域の中核を担う総合病院であり、急性期から慢性期の様々な症例を経験できます。

大きな特徴は、夜間の12次救急外来を初期研修医が最初に対応することです。ファーストコンタクトから問診・身体診察だけでなく検査も自分たちで方針を考え行い、その後に各科の当直医に上申することで的確な問診方法や迅速な初期治療などをフィードバックしてもらいます。これにより知識や経験をたくさん増やすことができました。後期研修で専門に特化していく中で、自分の専門外のことでも緊急性の高い症例に遭遇することがありますが、そのような時でもこの救急外来での経験を活かし、慌てることなく対応ができていると感じます。

現在は産婦人科医として日々の診療にあたっていますが、大学病院でありながら各科の垣根が低く他科へコンサルトがし易いという点も魅力に思います。初期研修のローテーションで知り合う以外にも、救急外来で各科の先生とその後も繋がりを持つことができ、様々な症状や病気を抱える患者さんを専門性を損なうことなく多角的に治療にあたることができます。これは患者さんの為になることも然ることながら、自分も成長することができる素晴らしい環境であると実感しています。

皆さんもこのような環境で一緒に働いてみませんか?東医療センターでお待ちしています。