東京女子医科大学 東医療センター 卒後臨床研修センター

HOME

研修について

現役研修医からのメッセージ

平成28年度研修医A

私は4月から内科を専攻し、他院で内科ローテーションをすることに決めました。学生時代はどの診療科で実習しても楽しく、幅広い分野に興味をもっていました。その中で東医療センターを研修病院に選んだ理由は、救命センターがあること、救急外来でファーストタッチができること、内科が主治医制であること、同期の数がちょうどよいと考えたことです。

1年目は主治医となることでプレッシャーも感じましたが、医師のあり方を学ぶのに重要な一年でした。さらに救急外来では先輩とペアになり、多くの初期救命・外来診療にあたりました。2年目になると1年目の経験をベースに自ら考え、検査・治療をすすめる機会が多くありました。自分のペースで学べることが当院の研修の特徴のひとつだと思います。ただ2年間はあっという間です。私達の学年はあまりできませんでしたが、症例検討など学びの機会を増やすことでより良い研修が行えると思います。

平成28年度研修医B

私が東医療センターを初期研修先として選んだ理由は3つあります。