スマートフォン版はこちら>>

お問い合わせ

研修医のある1日

皮膚科

写真

皮膚科の研修医の1日を紹介します。

朝は9時までに担当の入院患者を診察します。担当は班ごとに決まっており、週2回の病棟回診(教授回診、病棟長回診)で主な治療方針を決め、処置などは班ごとに行っていきます。

午前は、9時から外来が始まるので、スムーズに診察が進むよう研修医は初診外来の予診をとります。そのまま初診外来の診察を見学でき、皮膚所見のとり方や治療・処置について勉強できます。他院からの紹介や入院中の患者も多く、専門的な疾患からcommon diseaseまで幅広く学べるのが当院の特徴だと思います。

午後は手術を行っており、手術に一緒に入ります。ほとんどが外来でできる小手術であり、ときに小手術を経験することもできます。術後は週1回の病理カンファレンスにて検討を行います。

皮膚科は女医さんが多く、全員で診察・処置をして、残業はしないよう協力し合うという働きやすい環境だと思いました。