MENU MENU

泌尿器科とは

UROLOGY DEPARTMENT

専門と特殊外来

専門

腎がん、尿路上皮がん(腎盂尿管、膀胱)、前立腺がん、精巣腫瘍の診断と治療

手術治療、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬、抗がん剤による薬物治療、免疫治療、緩和治療など総合的な治療を行っています。手術はダヴィンチを用いたロボット手術、腹腔鏡手術、内視鏡手術が中心で、腎腫瘍では腎機能温存手術を積極的に行っています。セカンドオピニオンも受け付けています。

腎移植

慢性腎不全で今後透析治療が必要となる患者さんや、既に血液透析・腹膜透析を行っている患者さんに対し、生体腎移植を行っています。詳しくは「腎移植」の項目をご参照下さい。血液透析に必要なブラッドアクセスの作製も当科で行っています

尿路結石

尿路結石に伴う疼痛・水腎症・腎盂腎炎に対し、速やか尿管ステントの挿入や腎ろう造設を行います。腎盂腎炎が重症化し敗血症によるショック状態となった患者さんに対しては、救急救命センターと連携して治療に当たります。薬物治療で排石が認められなければ、レーザーを用いた内視鏡治療を行います

前立腺肥大症・排尿障害

前立腺肥大症に伴う尿勢低下・排尿困難・尿閉・残尿感・頻尿・夜間頻尿、尿意切迫感・切迫性尿失禁などの症状に対し薬物療法を行います。薬で症状の改善の認められない患者さんには内視鏡手術(経尿道的前立腺切除術)を行っています。何らかの原因で手術ができない場合はカテーテルでの管理を行うか、自己導尿の指導を行います。女性の過活動膀胱・腹圧性尿失禁・神経因性膀胱に対しても薬物治療などの保存的治療を行っています。腹圧性尿失禁の手術療法に関しては当院の骨盤底機能再建診療部にご相談下さい

特殊外来

小児泌尿器外来

小児泌尿器の専門医が診療(要予約)

腎移植外来

腎移植の専門医が診療(要予約)

ページトップに戻る