スマートフォン版はこちら>>

診療部門紹介

教育と研究

〔教育〕

救急医療科プログラム

当科では救急科専門医を取得するためのコースが3つあります。
救急以外のsubspecialityの保持も重視しています。
研修医だけでなく、多くの医師に専門医取得の門戸を開いています。

1.  初期研修医修了者のための「救急科新専門医(後期研修)プログラム」
2.  外科専門医を取得済み医師のための「Acute Care Surgeryダブルボードカリキュラム」
3.  他科専門医を取得済み医師のための「Super救急医カリキュラム・コース」

2と3を希望する医師8年目以上の方は助教として採用します。
詳しくは当科HPをご参照ください。

 

〔研究〕

医局員は多くのテーマを持ち研究活動しています。

・初療室における敗血症診断
・血中の可溶性フィブリン(SF)値と血栓症の関連
・ICUにおける睡眠障害とせん妄の予防
・NOMIの多施設共同研究
・外傷トレーニング
・蘇生トレーニング
・Autopsy Imaging(CT)の効果
・東京DMATカーの活用
・災害医療関連など